一般企業が看護師を募集する理由

看護師求人で人気が高い一般企業の看護師業務は“企業看護師”と呼ばれていますが、もうひとつ“フィールドナース”とも呼ばれていることご存知でしたか?その企業に合わせた看護師業務ができる点でこのような名前が付けられました。

 

《企業が看護師を雇う理由》

 

一般企業が看護師を雇い始めたのは、第一に従業員の健康面を考えてのことでした。従業員は生活の為に会社に労働力を提供します。会社はその労働力によって利益をあげることができます。会社の向上は従業員にかかっていると言えるのです。労働力のもととなる従業員が体調不良になり、会社全体の健康状態が落ちれば会社が成り立たなくなってしまいます。その為、健康的に働いてもらうために企業内に保健室を設置し、看護師を置いたのです。

 

看護師を配置することによって医療に関するプロが常にいることになります。従業員は何か自分の身に異変を感じたらすぐに保健室に行って処置してもらうことができますし、健康相談もすることができるので安心して出社し、働くことができます。学校に保健室がないのと同じ状態を考えてください。保健室がないと具合が悪い時はどうにもならないですよね。保健室があるから休めない時、少し風邪気味でも頑張って行こうと思い、気持ちが楽になるはずです。

 

企業が看護師を雇う理由はこの点にあるのです。健康的でいられることが1番と言いますが、まさにそれなのです。

 

《最近の傾向》

 

基本的にバイトやパートのような非常勤ではなく、常勤として企業看護師は働く事になります。日勤のみで夜勤なしなので子育て中のお母さん看護師や現場が体力的にきつくなってきた看護師の方に人気のあるお仕事となっています。

 

最近の企業看護師の求人を見てみると”カウンセラーの資格保持者優遇”と記載されているところが目立ってきました。ストレス社会と言われる今の世の中、ストレスからくる病気が現代病となっています。その為、企業でも従業員のストレスを少しでもなくすためにカウンセラー業務ができる看護師を募集しているのです。看護師の資格だけでなくメンタルケアもできる人を最近の企業は求めている傾向があります。


このページの先頭へ戻る